保育士の資格の難易度は?就職に活かせるの?

保育士の資格

  • 最近、待機児童の増加などによって保育士への期待が高まっております。将来的にもいらなくなる事がない職業ですので、将来性を見込んで保育士になろうという方が多くなっており、関心が集まるようになってきました。将来の就職難に備えて保育士を目指す方も多くなっているのですが、人手不足だからと言って誰でもなれるというような簡単な職業ではありません。保育士になるためには、国家資格試験に合格しなければいけないからです。

    保育士になる為に受ける国家試験の難易度はかなり高めになっております。今から10年前の平成17年では合格率は16.9パーセント、翌年の平成18年は、14.5パーセントとかなり低くなっております。最も低かった平成20年の10.6パーセントなどもあり、10人受験して1人か2人程度しか合格できない確率となっております。

    しかしながら、近年は徐々に合格率が上がってきており、平成24年には18.6パーセント、平成25年には17.4パーセント、平成26年は19.3パーセントとかなり高くなっており、難易度は少しずつですが簡単になっております。

    保育士は、よそ様の子供を預かるという大切で大変なお仕事ですので、どうしても試験内容は難しめに設定されてしまっているのですが、それでも需要にあわせて徐々に難易度が下がってきております。また、他の職業から注目されており、今後も更なる発展が期待されております。そこでこちらのページでは、保育士の資格と合わせて取得しておきたい資格などの情報をご紹介します。


    【 保育資格に関するオススメサイト 】
    特に保育関係は、持っている資格により携われる職種も変わってきます。こちらのサイトは、求人紹介や履歴書添削、面接対策など様々な転職支援サービスを行っています。保育士専門ですので、今後保育士として働くことに興味のある方は非常に役立つサイトとなるでしょう → 保育士 転職支援