保育士の資格の難易度は?就職に活かせるの?

保育士の資格と就職

  • 保育士の資格は、色々な職業の就職に有利だと言われております。特にお子様がいるような職場では面接などで有利に働くケースが多いようです。例えば歯医者などの医療事務の受付などは、小さなお子様の相手をする機会も多くなっておりますので、直接的な歯医者さんに必要な資格とは関係ありませんが、優遇されるケースが多いようです。

    また、最近多いのがスーパーやデパートなどの店舗スタッフです。こちらも小さいお子様が多い仕事先になりますので、なにかと優遇されるケースが多くなっております。他にも無認可保育所などで深夜まで営業しているような所には、履歴書だけでOKがでるような所もあり、かなり優遇されております。

    しかし、子供が関わっていないような企業などでは、保育士の資格を持っているからと言って優遇される事はありません。逆に普通免許のような利用頻度の多い資格の方が就職には有利とされております。そもそも、保育士の資格を取得した方は、学校で勉強をし難しい試験に合格してとかなりの努力が必要だったはずです。保育士になりたくて保育士の資格を取得していますので、他業種への転職のときには有利になる可能性が少ないと認識するのが必要になります。逆に他の所で保育士になるような時には有利になります。